ビジネス動画のイノベーター

株式会社 i-Cue

03-5579-8490

WEBお問い合わせはこちら

ホーム> インターン採用> Y.K.

武蔵野美術大学造形学部3年。
大学ではデザインを専攻。
趣味はアニメを見ること。

Y.K.

やりたいことに寄り添ってくれる会社だと思います。

i-Cueのインターンに応募した理由は?

3年生になる前の春休みに、就活に活かすことができることをするために、インターンを探し始めました。もともと映像系の仕事に興味を持っており、映像制作初心者でも応募が可能なi-Cueに応募しました。

入社前後の変化は?

i-Cueでデザインに関わる仕事をする中で、自分の身の回りにあるもの(広告物、ポスターなど)は常に情報が整理され、適切なデザインが施されていることを実感しました。また、アルバイトとは異なり、オフィスワークを経験することによってビジネス上のプロジェクトの流れ・仕組みがわかるようになりました。

i-Cueの魅力は?

自分に合った作業を割り当ててもらえることです。仕事内容に幅がありますが、いろんな仕事をしているからこそ、自分のやりたいことにコミットした仕事を任せてもらえます。会社の規模が大きくないからこそ、社員さんとの距離も近いため、自分が何に興味を持っているかを知ってもらえる環境にあります。

一番印象に残ったプロジェクトは?

映像制作を担当する外部パートナーの方と仕事をする機会がありました。それまでは自己流で映像ソフトを使用していたため、プロの作業を見ることで技術向上につながりました。また、制作進行中のやりとりも垣間見ることができ、作業フローから実際の作業内容と全体から詳細まで学ぶことが多かったです。

主な業務

スライド資料の修正

動画や説明で使用するスライド資料のレイアウトや、色などを見やすくなるように調整します。情報を整理して優先順位をつける力が必要になります。

動画内で使用するアニメーション制作

動画内の見出しやキャプションに簡単なアニメーションをつけます。映像ソフトを扱う練習にもなり、ここで得た技術は大学の制作にも繋がっています。

画像作成

クライアントへ提示する資料内に載せる画像を制作したり、動画のサムネイルを作ったりします。大学で培った技術を活かすことができます。

メンバー

2022年2月現在、5名のインターン生が活躍しています。